東大女子の戯言

仕事、子育て、婚活、副業、思ったことを徒然と。

「仕事がヒマだ!転職してやる!」という勢いだけで転職すると後悔しそうなので一度冷静になってみる。

f:id:todaiog:20190516173230j:plain

 

すでに私は2度ほど転職しており、現在の会社は3社目となります。

 

ワークライフバランスに優れた会社であり、産休育休も問題なく取得することができ、現在も時短で程良く働いています。

 

子どもの看病で急に休むことがあっても、特に気兼ねすることなく休めるので、子育てと両立して働くには申し分ない職場であることは間違いありません。

 

給与は高いわけではありませんが、プレッシャーや業務量から考えると低いわけでもありません。

 

一方で「プレッシャーのあるなかでバリバリ仕事したい!」という人には物足りないだろうと思います。

 

かく言う私はプレッシャーには超絶弱いのですが、それでも「もっと楽しい仕事したいなぁ」なんて甘っちょろいことを毎日妄想しているのでございます。

 

ノリと勢いで転職してしまうと、後で「あちゃー」ということになりかねないので、これまでの転職理由を改めて思い出してみたいと思います。

 


退職理由①つまらない

 

まず1社目。国家公務員時代ですね。

 

転職理由は「仕事がつまらない割に長時間拘束されるのがイヤ」でした。

 

良いところ、嫌だったところを列挙してみます。

 

国家公務員の良かったところ

・知名度あり、安定感抜群

・好成績で合格しているから出世コースに乗れる期待大

・女性も男性と変わらずに昇進可能

 

国家公務員の嫌だったところ

・仕事つまらん

・専門性が身につかない

・仕事ないくせに拘束時間が長い

・オフィスが古くて汚い

 

 

 

 

転職理由②ワーママに厳しい

 

そして2社目。一般的な日本の企業と比べると若手を含めてリストラが多いので少し特殊な民間企業でした。

 

転職理由は「ワーママになって働き続けるのは困難に思えたから」でした。

 

民間企業の良かったところ

・専門性が身につく

・周囲が優秀で刺激的

・仕事のメリハリがある

・オフィスが固定していないので飽きない

・世間受けが良い

・給与も良い

・本社オフィスは超綺麗で快適

 

民間企業の嫌だったところ

・UP or OUT なので永続勤務は難しい

・繁忙期はピリピリしててキツイ

・景気が悪いときはリストラあり

・リストラ対象者は部内で晒し者

・ワーママはリストラ対象

 

いまの職場の不満って何?

前職の厳しい環境がすっかり記憶から消えており、いまはワーママに優しい環境に身を置いています。

 

「もっと力試ししたい!」という気持ちがムクムク湧いてきているような感じですが、冷静になると井の中の蛙みたいなものかな。

 

いまの職場の良いところ

・“優秀なひと” ポジションをゲット

・リストラがない

・安定感バツグン

・無理なく子育てと両立できる

・ほのぼのしている

・残業ほぼなし

・オフィスが綺麗

 

いまの職場の物足りないところ

・優秀な人が少ないので刺激も少ない

・仕事がひま

・毎日オフィスが固定されてて飽きる

 

もしも転職したら・・・

 

良いところ、物足りないところを列挙してみると、「転職によって失うものの方が多そうだな」という気持ちになりました。

 

子育て中に仕事を無理したいという思いもないんですよねぇ。

 

「いまの職場で面白い仕事を引っ張ってくる」が解決策のように思えてきました。

 

 

転職によって得るもの、失うもの

 

転職によって得るものもあれば、逆に失うものもあります。

 

自分の理想とする姿は何なのか、冷静になって考えてから行動に移した方が良いですね。

 

おしまい。

 

 

 

スポンサーリンク