東大女子の戯言

仕事、子育て、婚活、副業、思ったことを徒然と。

サラリーマンの節税対策。副業も確定申告しよう。赤字なら節税効果があるぞ!

f:id:todaiog:20190119112427j:plain

 

 

そろそろ確定申告の時期ですね。

 

 

サラリーマンの皆さん、自分で確定申告をしたことありますか?

 

 

よく「自営業者は色々な費用を経費で落とせるからお得。サラリーマンは損」みたいな話聞いたりしますよね。

 

 

実はサラリーマンにも、いろんな節税対策があるんです。

 

 

節税対策1 ふるさと納税

 

 

ここ数年でだいぶ浸透してきたふるさと納税。プラス2,000円の事務手数料はかかりますが、 住民税が素敵な返礼品へと様変わり。

 

 

高級和牛、高級フルーツ、アイスクリーム、はたまた金券など。

 

 

総務省から「返礼品を高額にしないように」というお達しがありましたが、まだまだお得な返礼品はたくさん!

 

 

お目当ての自治体のホームページを覗くのも良いですが、さとふる、ふるさとチョイスなど、ふるさと納税の返礼品を一覧で検索できるサイトを利用するのが便利です。

 

 

年収500万円で、およそ6万円ほど、ふるさと納税をすることができます。(サイトシミュレーションで上限額は確認してください)

 

 

税金自体が減るわけではないけれど、6万円×30%=1万8千円相当の返礼品は手に入ります。返礼品を選ぶのも楽しいですよ~^^

 

 

節税対策2 生命保険&個人年金

 

 

生命保険や個人年金なども節税対策として有名ですね。

 

 

保険の上限額は年間8万円で、この場合は課税所得から4万円控除されることになっています。

 

 

税率が30%の人であれば4万円×30%=年間1万2千円の節税効果が得られます。

 

 

 

節税対策3 iDeCo(イデコ)

 

 

 毎月の積立額を所得から控除することができます。積立金は定期預金でも良し、投資信託に投資しても良し。

 

 

会社によって上限額は異なるものの、仮に月12,000円積み立てたとしたら年間14,4000円。税率30%とすると4万円ほど税金が減ります。

 

 

ふぁ~お得ですな~(ノ´∀`*)

 

 

(とか言いながら、まだ手続きしてない私。今年こそは手続きするぞ!笑)

 

 

 

節税対策4 副業で経費計上

 

 

まだ確定申告するほど副業で稼いでないよ!という方。

 

 

むしろ赤字の事業所得を計上したら節税対策になってお得ですよ。

 

 

給与所得、事業所得、不動産所得は合算して計算できるので、赤字の事業所得を給与所得にぶつければ税金を減らすことができるのです\(^o^)/

 

 

例えばブログでアドセンス、アフィリエイト収入がちょこっとだとしても、

 

 

ブログの活動実績があれば、家賃の一部(合理的な範囲で案分すること。全額は無茶だぞ!)や、PC、光熱費、外食費などを経費で計上することが可能。

 

 

積み上げて50万円ほど赤字計上できれば、税率30%で15万円も節税できます!

 

 

まぁ~ゆくゆくは黒字で確定申告したいもんですが(ノ´∀`*)

 

 

※黒字で確定申告するときは青色申告にしましょうね!!白色申告は控除額10万円だけど青色申告だと控除額65万円と大違いだからね!!

 

 

※念のため開業届を出しておいた方が安心ですよ!

 

 

※副業禁止の会社の場合は、年末調整の際に住民税の支払いを個人払いにしておきましょう!

 

 

まとめ

 

 

確定申告と聞くと、「難しそう。面倒くさそう」と思ってしまいますよね。

 

 

でも、やってみると意外と簡単。

 

 

ちょっと頑張るだけで数万円もお得になるならば、ちょっと試してみませんか?

 

 

 

スポンサーリンク