東大女子の戯言

仕事、子育て、婚活、副業、思ったことを徒然と。

外資系金融マンと過ごしたクリスマス。驚きのプレゼントは・・・

f:id:todaiog:20181227142314j:plain

 

 

クリスマスは家でノンビリ過ごすのが一番と思うタイプである。

 

美味しい物を食べて、家族一緒に過ごせれば、それで良い。

 

ただ、世の中にはクリスマスには高級レストランで豪華ディナーを堪能するのが好きな恋人たちも多いようだ。

 

特に外資系金融という羽振りの良い世界にいる人たちは、その傾向があるかもしれない。

 

 

 

外資系金融マンは六本木が好き

 

数年前のこと。

 

外資系金融に勤めるK君とクリスマスに会うことになった。

 

待ち合わせ場所は六本木。

 

外資系金融マンは、やたらと六本木~麻布あたりが好きである。

 

私は六本木に土地勘がないので、いつも迷子になるものであった。

 

待ち合わせてから移動した先は、グランドハイアット東京。

 

(ひぇ~ここのレストラン高そうだなぁ。。さすが外資系金融マン・・・!)

 

と思ったが、ちょっと待っててとのこと。

 

 

 

 

しばらくするとフロントで手続きを終えたK君。

 

「部屋を取ってあるから、部屋で食べよう」

 

と言うではないか。

 

クリスマスに高級ホテル。高級ホテルで高級フレンチ。

 

 

 

バブルにワープしてきたのかな??

 

 

 

と思ってしまった。

 

「え?高くない??大丈夫なの???」と聞いてみたが、

 

「そんなに高くなかった」との返事。

 

一体いくらしたのだろう。

 

ディナーも入れたら10万円超えてそうだけれど。。。

 

あまりにも私の金銭感覚と違うのでビックリしてしまった。

 

 

 

 

いま調べたところ、1月1日は10万円で泊まれるらしい!まだ空きがあるので要チェックだ!

 

泊まるときは一休さんから予約すべし!(ポイントが貯まるので笑) 

 

 

 12月31日は予約で埋まっているみたい。

 

いやはや、みなさん羽振り良いですなぁ~。

 

 

 

 驚きのクリスマスプレゼント

 

 

豪華なホテルとディナーを用意してくれたK君。

 

そのうえ、プレゼントまで用意してくれていた。

 

なんて優しいんだ、K君。ありがとう、ありがとう。

 

しかし、何を買っていいのか分からなかったのだと言う。

 

分かる、分かるよ。私もプレゼントを選ぶのは本当に苦手だから。

 

大人になると、特に欲しい物なんてないんだよね。

 

本当に必要な物は自分で買ってしまうし。

 

プレゼントを貰うということ自体は嬉しいけれど、実際に貰った物が嬉しいことは少ない(その扱いに困ることの方が多い)。

 

だから、よく分かる。プレゼントって本当に難しい。

 

 

 

 

そんなK君が一生懸命に考えて選んでくれたプレゼントは、

 

「ギフトカタログ(推定7万円分)」だった。

 

 

 

 

(え!?)

 

 

(ギ、ギフトカタログだってーーー!!??)

 

 

内心とても驚愕した。ビンゴ大会の景品のようだなぁと思った。

 

 

 

ちなみにカタログギフトの中身は「ブルーノート 5万円分」「プロカメラマンによる写真撮影」などだった。

 

それを見たK君は「えーーー5万円かぁ。元はもっと高いのに・・・」とぼやいていたから、かなり利ザヤを抜かれているようだ。

 

カタログギフト、えげつない商売である。

 

みんな、気をつけて!

 

普通にプレゼント買った方がお得だよ!!

 

 

 

 

 

 

 

K君、ネタにしてごめん。

 

ギフトカタログが衝撃的だったので、今でもクリスマスが来ると思い出すよ。

 

元気にやってるかな。

 

 

スポンサーリンク