東大女子の戯言

仕事、子育て、婚活、副業、思ったことを徒然と。

子どもを産んでから、「死にたくない」と思うようになった。

f:id:todaiog:20181210151428j:plain


子どもを産む前は、

「生きることは辛いことも多いし、まぁ死ぬなら死ぬでもいいんじゃない」

というのが基本思想だった。



自ら命を絶つという選択肢はアリだと思う

知人が自ら命を絶ったという話を聞いたときには

「あぁ、そういう選択をしたんだな」という感想だった。

生きることを苦しいと感じている人に、生きることを無理強いするのは酷だ。

安楽死も合法化したほうが良いと思っている。


子どもが産まれてからは世界が変わった

基本思想は変わっていないけれど、子どもが産まれてから

「まぁ死んだら死んだで良いか」という楽観的な思考はなくなった。

子どもが産まれてからは、自分一人の人生ではなくなったのだ。



もし私が死んだら、この子はどうなる?



家の中で、ちょっと姿が見えないだけで、不安そうに泣いている我が子。

ひょこっと顔を出すと、満面の笑みで駆け寄ってくる。

この姿を見ていると、「あぁ。今は死ねないなぁ」と責任感に近い感情が湧いてくる。


ずっと一緒にいると面倒だけど

まぁ、ずっと一緒にいると、可愛いだけじゃなくて面倒くさいなぁと思うこともある。

トイレでも扉を閉めると泣くものだから、開け放して用を足さないといけない。

そうすると喜んでトイレに入ってきて、ウォシュレットのボタンをピコピコ押して遊んでいる。

便座を暖めるスイッチも消されて、次に入ったときにヒヤっとした感触に驚かされている。

「外に出たい」という素振りをするから外に出たものの、3歩先で「抱っこ」だ。

やれやれ。

生きる糧になった

子ども以外でも、仕事や趣味、愛する人など、人によって生きる糧は様々だろう。

私にとっては、子どもが、絶対的な「生きる理由」になったようだ。

でも、子どもに依存してはいけないな。

生きる理由はいくつあっても良いのだから。

スポンサーリンク